2016年10月29日土曜日

第13回 おっきん!椋川 詳細が決まってきました

今年で13回目を迎えた「おっきん!椋川」
農家の軒先に1年に1 日だけのお店が開店。村の中に点々とある軒先ショップを巡りながら、地元の方と交流し、自慢の料理や手仕事品を楽しんでいただけます。。。

日時:2016年11月13日(日)10時~15時
場所:滋賀県高島市今津町椋川

公共交通機関がありませんので、基本的には車での来場となりますが、JR安曇川駅から無料シャトルバスがあります。

安曇川駅からのシャトルバス
安曇川駅発 9時10分、10時20分

椋川から安曇川駅へのシャトルバス
椋川ライスセンター発 14時20分 15時30分

椋川の方の出店が中心ですが、他にもいろいろミニ企画があります。山里をのんびり歩きながら、小さな企画も楽しんでください!!

現在、決まっている企画です。
予定されている企画ですが、予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

★「オカリナのんのん」ミニコンサート
時間:未定(2回程度の公演になる予定)
場所:おっきん椋川交流館
*古民家に響くオカリナの音色。

★よし笛「ほっとらいん」「ソファミレド」ミニコンサート
時間:未定(2回程度の公園になる予定)
場所:おっきん椋川交流館
*長浜を中心に活動されているよし笛演奏のグループです。

★竹細工のワークショップ
竹細工の体験ができます。
「一輪挿し」や「やじろべえ」を作ることができます。
(材料代必要)

★スタンプラリー
村の中をくまなく歩いて、スタンプを集めよう!
スタンプを集めると、椋川の美味しいお米が当たるかも!!
参加賞もあります!!

★たかしまの映画「虹をつれて」上映会
「虹をつれて」のHPサイト
http://taka-pro.com/niji/

★ECC学園高校 ものづくりの店
時間:11時~15時
場所:ECC学園高等学校
*在学生や卒業生のものづくり作品

★キッズフリマ(出店するこどもも募集中!)
場所:是永さん家
*子どもの、子どもによる、子どものためのフリーマーケット。それがキッズフリマ。

★環境レイカーズ
*椋川で地域密着な体験活動を続けている環境レイカーズ。その活動の紹介します!

★木の駅プロジェクト
*薪のある暮らしを提案する木の駅プロジェクト。

★創造力無限大工房
*木を組み合わせて自由な発想でモノづくりを楽しんでもらえます!

★ふみんちゅ
書と三線を奏でるアーティスト・ふみんちゅ。
人は彼女を三線筆人(さんしんひったー)と呼ぶ!

★ドラム缶窯ピザ
もはや、「おっきん!」の名物メニュー。
高島市内で流行しているドラム缶ピザの元祖はこれだ!!
数量限定なので売り切れ注意!!「久太郎」の家に急げ!!!

★藍の生葉染め
毎年、草木染め体験をされている清水さん、山川さん。
今年も藍の生葉染めが体験できます。

★「ナベスエ(鍋敷き)」づくりのワークショップ
場所:是永さん家
*稲ワラのナベスエ(鍋敷き)をつくってみよう(材料費必要)。1時間くらいで作り上げることができます!!

★ねこ車(一輪運搬車)レース
時間:午後1時~2時頃
場所:「久太郎」の家の前
*恒例のねこ車レース。早く、しかし水をこぼさずにねこ車を押せるか!!
男性の部(中学生以上)、女性の部(中学生以上)、子どもの部(男女一緒、小学生以下)の3部門に分かれて競技をします。商品もあります!!!

★未来郵便局
一年後の自分に手紙を出そう~♪
1年後(来年の10月下旬頃)に「おっきん!椋川」のチラシと一緒に、1年後の自分に当てた手紙が届きます。

セイロが届きました!

糀づくりで使うセイロが届きました(^_^)/
いよいよ糀づくりが始まります!
お忙しい中、セイロを作ってくださった有吉さん、ありがとうございます!

2016年10月3日月曜日

栗のおすそ分け

近所のおばあちゃんに「栗拾ったからおすそ分け」と栗をたくさんいただきました。
一度に全部は食べられないので、栗についてる虫の卵が孵らないように熱処理をして冷蔵庫に保存することにしました。
以下、熱処理の方法です。
お湯の温度と時間が大事ですよ~
<用意するもの>
穴をあけたビニール袋

温度計
1)鍋に水を入れ、火にかけ80度のお湯をつくる。
2)お湯が80度を超えないように気を付けながら栗を投入。
3)火を弱め、1分煮る。
  この時、水温が80度を超えないように。
4)水を切り、陰干しをする。
  陰干しは栗の表面が乾く程度でOK。
5)穴をあけたビニール袋に入れて、冷蔵庫(チルド)で1週間~1か月保存が可能。
以上です。
チルドに入れておくことで甘みが増すという効果もあるようです。

2016年6月19日日曜日

子どもを信じる覚悟

静岡県富士市で冒険遊び場をされている渡部達也さん・美樹さんのお話を聞くことができました。
http://www.h6.dion.ne.jp/~playpark/
https://www.facebook.com/taccyannmickey.yumemachinet?fref=ts

冒険遊び場、ということで自然の中で「のびのび遊ぶ」というお話かと思いきや、「子どもの貧困」や「いじめ」「生きづらい子どもたち」のお話し。渡部さんの冒険遊び場は「遊び場」というよりも「居場所」的な意味合いが大きいのだと感じました。
私もこのような居場所をつくりたいと思っている人間として、すごく共感したのが「子どもを信じる」という覚悟です。
少子化の影響で子どもの数が減った結果、大人たちは子どもたちを”コントロール”しやすくなっていると思います。”管理しやすい”といったほうがわかりやすいかもしれません。何しろ子供たちだけで勝手に姿をくらまして遊びに行ってしまう、ということが極端に減っているからです。子どもが巻き込まれる犯罪も多くなり、治安上の問題から子どもを塾やスポ少、お稽古事などに通わせているという事情もあるでしょうが、要はそうやって子どもたちの時間を”コントロール”しているわけです。
その影響があるのか無いのかわかりませんが、学校の先生や親ですら信じることができない子どもが増えている、と言われる昨今。
渡部さんのように覚悟を決めて子どもを信じてとことん付き合う大人の存在はとても貴重だと思いました。
高島でもそんな場所をぜひ作りたいですね(^^)/


2016年3月9日水曜日

恩返し

今日は一人の若者が我が家に泊まっている。
なんでも名古屋から鳥取の境港まで原付で移動しようとしているらしい。
本当はもっと走っているはずなのだが、今朝からの寒さで、低体温になってしまい、今津のガソリンスタンドでヘルプ。そのスタンドで働いている友人から連絡があり、彼を一晩泊めてあげることになった。
聞けば、専門学校に通っていたが、卒業まであと一年ということろでお金が無くなり、1年間休学して仕事をして学費を貯めて、この春から復学するのだそうだ。1年間仕事をした名古屋から、学校のある福岡まで移動する途中なのである。なかなかの苦学生だ。
境港まで320キロ。金曜日の朝までにつけば、境港から福岡まで移動するトラックに原付ごと乗せてもらえるらしい。
それにしてもこの寒い時に320キロを走るのは、かなり危険だ。途中にはきつい峠がいくつも控えている。僕も大学生のときに原付で京都~米子を1往復したが、暖かい季節だったにも関わらず相当に苦しかったのをよく覚えている。
親父が米子に住んでいるので「彼に何かアクシデントが起こったら電話かけるように言っても良いか?」と親父にお願いしたら、すぐに「もちろん!遠慮なく電話するように言ってくれ。夕食一緒に食べてもいいな」と即答。さすが俺のオヤジだ(笑)
それにしても、こうやって人の世話になることは大切だと思う。迷惑をかけている、と言ってしまえば身もふたもないが、他人に親切にしてもらえた経験があるからこそ、他人に親切にできるのだと思う。僕もたくさんの人に迷惑をかけ、そして親切にしてもらってきた。今日はその人たちに少しだけ恩返しができた。

2016年3月2日水曜日

糀のお師匠さんに恩返し

この冬、縁あって糀づくりを始めました。Iターン若者の井上君と試行錯誤を繰り返し、お師匠さんに何度も糀をみて頂いて「お前さんの糀を買わしてもらうわ」と言っていただけるくらいのものはできるようになってきています。
この糀を使って椋川の特産品づくりをしていこうと考えていますが、糀づくりの技術は高島の人にも広く共有したいと思っています。糀づくりの技術自体は特別なものではなく、昔の農家ではそれぞれ行われていたものだからです。「発酵のまち高島」でも昔ながらの手づくりの糀屋さんはとても少なくなってしまいました。「発酵のまち」のすそ野を広げるためにも手づくり糀の技術を役立てたらと思っています。
幸い、お師匠さんもそういう考えに賛同してくださっています。お師匠さんの糀が広がっていって、美味しい糀の料理があちこちで生まれるとお師匠さんに恩返しになるのかなぁ、って思っています。